スタッフ紹介

-

院長: 獣医師 塚根悦子

インフォームドコンセントを大切にし、地域のホームドクターを目指してします。
心疾患、がん治療に興味があります。
診察をさせていただくときは、基本的に、自分の飼っている動物に対してであればどうするのが一番よいのか?どうすれば治療の近道なのか?今は何をすべきなのか?と考えます。
動物には最善の治療を、そして飼主さんにも納得した治療を行えるよう努めています。

[経 歴]

1999年3月 酪農学園大学卒業
1999年4月〜 札幌市内 開業医にて勤務
2001年9月〜 北海道大学獣医学部外科学教室研修医
2002年11月〜 動物臨床医学研究所 山根動物病院(現 倉吉動物医療センター)勤務
2005年4月〜 同研究所 山根動物病院 副院長就任
2010年5月 島根県松江市東出雲町にアスリー動物病院 開院

[所属学会等]

日本獣医師会、動物臨床医学会、日本獣医がん学会 
 

[著 書]

イヌ・ネコ ペットのためのQ&A (2015年)分担執筆
伴侶動物が出会う中毒(2008年) 分担執筆
イヌ・ネコ家庭動物の医学大百科(2006年) 分担執筆 
当院における不妊・去勢手術に対する考え方:(2006年)塚根悦子
 

[趣 味]

ランニング、水泳、トライアスロン 
(最近、趣味から遠ざかっていることが悩みです)

スタッフ: 獣医師 塚根美穂

大切な家族の一員であるどうぶつが病気で苦しんでいるとき、その子にとって、また飼主さんにとって最善の治療ができるように心がけています。
また、どうぶつたちが病気にならず健康で暮らせるよう、しっかりと予防していくことが大切だと考えています。
分からないことがあれば何でも聞いて下さい。

[経 歴]

2005年3月 山口大学農学部獣医学科卒業
2005年4月〜 広島市内 開業医にて勤務
2010年5月 アスリー動物病院勤務

[所属学会等]

  日本獣医師会 

[趣 味]

カフェめぐり、釣り、最近始めたヨガ 

スタッフ: 動物看護師 野津輝子

頼りになる看護師を目指し、笑顔と心遣いを大切に、日々成長できるよう頑張ります。
よろしくお願い致します。

[出身校]

専門学校松江総合ビジネスカレッジ
動物学科 動物看護コース 

[趣 味]

漫画を読む、音楽を聴く、ゲーム

スタッフ: 動物看護師 門脇真由美

三度の出産・子育てを経て、5年ぶりにスタッフとして戻って参りました。
治療の補助はもちろん、飼われている子たちの普段のちょっと気になることや相談などから日常の何気ないお話まで、何でも気軽に話して頂けるような存在になれるよう元気と笑顔で頑張ります!よろしくお願い致します。

[出身校]

広島アニマルケア専門学校 動物看護コース

[趣 味]

我が子と遊ぶこと・旅行・スノーボード